つれづれなるままに

わかっているつもりでした

みなさま、こんにちは。
今日もブログへのご訪問を
ありがとうございます。


ストレス発散のために
お掃除・洗濯・お料理と
お部屋の中で意識的に動いています。


お掃除は気分転換になりますネ。
心の澱みのようなものまで
お掃除によって
浄化されているように感じます。


今日は、私の中の
「わかっているつもり」
「思い込み」
について投稿させていただきます。

些細なことですが
ハッとさせられる出来事がありました。
きっかけは
うちのにゃんこです。
にゃんこの気持ちを
ある程度は「わかっているつもり」
でしたが
そうではありませんでした 汗

うちの2匹の猫たちは
それほどいたずらっ子ではありません。
何がダメなことなのか
わかっていると思います。
しかし、男子にゃんこは
何かの拍子に
火が付いたかのように
いたずらに熱中する時があります。


今思うと
にゃんこにとっては
「いたずら」
ではないのかもしれませんが・・・


そんな熱中のときのことです。
トイレットペーパーが入っている
箱の中に頭をつっこんで
夢中でトイレットペーパーを
ひっかいていましたーー


もう、その時の顔と言ったら
瞳がキラキラして
見るからに楽しそうです・・・


「まぁカワイイんだからーーー」
と思いながら
でも、トイレットペーパーが
穴だらけのボロボロに・・・
これはたまらん!


「ふくちゃん(にゃんこの名前)
だめなんだよーそれは(笑)」


と笑いながら
声をかけて抱き上げました。
しかし
ふくちゃんは収まりません。


私のいうことは
まるで耳に入ってこないようです。
一向に止める気配がなく・・


強硬策です。
トイレットペーパーの箱を
勝手に開けられないようにと
重しを置きました。


あまりにあっけなく
ふくちゃんの楽しい遊びが
強制終了してしまいました。


気が付くとふくちゃんは


壁に向かって座ったまま。
ピクリとも動きません。
声をかけても反応なし
私に背を向けて
無視しているかのようです。
そして
ふいっと
下の階に行ってしまいました。


それからも
ふくちゃんは
私と視線を合わせません。
私とのコミュニケーションを
避けているかのようです。
背中を撫でようとすると逃げます。


その日の夜
ふくちゃんは、
私と一緒に寝てくれませんでした 寂


私は
ふくちゃんが遊びを邪魔されて
不快で意地をはっているか
すねているのだろうと思いました。


機嫌が直るのを待つことにしよう・・
でも
こんなに避けられてしまうなんて
寂しいわーー


翌朝・・・
ひめちゃん(女の子にゃんこです)が
「おはよう」と朝の挨拶にきます。
そして、ふくちゃんが
ゆっくり近づいてきました。


私を見上げるふくちゃんの目が
不安でいっぱいだったのを見たとたん


私は「しまった」と思いました。


ふくちゃんは
「意地をはって、すねていた」
「怒っていた」
わけではありませんでした。


ふくちゃんは
何か「ショック」を受けて
「不安」になってしまったのです。


私は
いたずらを声を荒げて
「ダメだ」と
注意していません。ですが
それが私の想像を超えるほどの
ショックだったことが感じられました。


ふくちゃんは
とても繊細な子だった 汗
いまさらのように思い出しました。


私は
ふくちゃんの気持ちを
「わかっているつもり」で
わかっていなかったのでした。


フラワーレメディのコンサルテーションでは
「わかっているつもり」
「思い込み」
を排してお話を伺うことが大切です。


いつもそのことを気をつけながら
コンサルテーションさせていただいていますが
身内に対しては
考えが及んでいませんでした。


私にとっては気づきでした。


そして、私には
「わかっているつもり」


というものが
まだまだあるのではないだろうか
と思われ、
それが何かについては
これから見つけていこう
と思いました。


今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP