つれづれにブログ

「思考」が苦しめるものとは


みなさまこんにちは。
本日もブログにお越しくださり
ありがとうございます♪
嬉しく思います☆彡


今日は「思考」について
感じたことを
つれづれに投稿させていただきます。


YouTubeでみたのですが
10年以上にわたって
拒食症と過食症を
繰り返してこられた方が
見事にこの病気を克服された
体験をお話されている動画がありました。


その方は
本屋さんにある
すべての心理学的な本を読まれて
カウンセリングにも通われて
それでも治らなくて


人生を生まれ変わらせる思いで
イギリスへ行き
イギリスのカウンセリングは
日本とは全く違っていたそうで
ここから少しずつ
回復していったことを
お話されていました。


「(拒食症・過食症は)
なった人にしかわからない苦しみです」


とても印象に残る言葉でした。


そのお話の中で
当時のご自身を振り返られながら
ある脅迫的な思考があって


「(ダイエットのために)
1日3時間歩けないなら
生きている価値なんてない」とか


「○○できないなら
死んだほうがましだ」


という思考に支配されていたことに
触れられていました。


大変深刻なご体験を伺いながら
思ったことは


「自分を
一番苦しめるもののひとつは
自分の思考かもしれない」


ということでした。


そして「思考」には
良い思考とそうではない思考が
あると思うのですが
良くない思考にしばられて
それが自分を苦しめているとき


自分自身がその思考に
「はっ」と
気づきさえすれば
楽に生きられるんだ と
思いました。


フラワーレメディ(お花のエッセンス)を
とおして
心が軽やかで
楽に生きられるお手伝いが
できたらいいなと思います。


頑張ろうと思いました。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます♪


佐藤ますみ 拝

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP