つれづれにブログ

「ゴース」という希望の光のお花が必要とされるときとは


みなさまこんにちは。
本日もブログにお越しくださり
ありがとうございます。



今日は
フラワーレメディ(お花のエッセンス)に関して
投稿させていただこうと思います。


サロンのまわりは 
オシロイバナ
朝顔
芙蓉のお花
さるすべり など



日中も夜も
良い香りがしています。
お花の香りがあるだけで
あたりの空間が
浄化されているような
そんな心地がします。



今日ご紹介するお花は
日本ではあまり
馴染みがないかもしれません。



イギリスでは荒野に咲くお花。
「ゴース」。



黄色くて小さな花びらで
和名を「ハリエニシダ」といいます。



ゴースのお花は
希望を失ってしまったとき
絶望で一歩も前に進めない と
感じているとき



そのようなときに
光をもたらしてくれる
希望に満ちたエネルギーを
もっています。



全体的に、なかなか難しく
困難なときが続いていると感じます。



感染拡大が収まらず
東京は群を抜いています。
とはいっても
私のご近所の方々は
連休でも 車は駐車したままですし
人の出入りもありません。
どこにも行かずに
自粛されているようです。
スーパーへ買い物にいっても
いたって静かです。



都内のいたるところで
感染爆発が起きているわけではないのですが
五千人以上 などのように
合計にされてしまうとその数自体に
圧倒されてしまいます。



私も、あまり遠出しても
「東京の人は来ないでー汗」
と内心恐怖に思われているかたもおられるかも
と感じることもあるし
いましばらくは粛々としているほうが
いいのかなと思って静かにしています。



このようなときには
希望の光をもっている
ゴースのお花が必要とされる
かもしれないな と思いました。



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP