つれづれなるままに

身体の冷えから脳の冷えそして心の冷え


みなさまこんにちは。
本日もサイトにお越しくださり
ありがとうございます。


「ブログ、見てますよー」
という温かいお声を頂くたびに
心が温まり、嬉しくそして元気がでます。


ありがとうございます。嬉嬉


本日はこの曇天で梅雨という
体調も不調になりがちな季節にちなんで
「冷え」について投稿させていただきます。


女性は「冷え性」の方が多いと聞きます。
私も冷え性です。
素手で背中をさわると
手のひらの方が温かく
背中が冷えていることを感じます。


「冷え」の原因は主に
次のような原因があるようです。


基礎代謝が低い(筋肉量も関係しています)
自律神経のバランスが崩れており
血流が不十分で熱が全身に届かない
水分が十分に排出できずに体内にたまっている


どれもが関連しているように思いますが
この中でも自律神経のバランスが
崩れることによる冷えは要注意です。


なぜなら、自律神経のバランスが崩れる原因は
「ストレス」だからです。


ストレス・・・
あらゆる不調の原因ですよね。


ストレスは生きていくためにある程度は
あったほうが良いともいわれていますが
過剰なストレスがかかると
自律神経が司っている血流が悪くなり
それにともなって
脳の血流も低下してしまうのだそうです。


脳の血流の低下により
脳内の温度が低下したまま
活動し続けると
パフォーマンスもさがりますが
脳が疲弊していきます。


心と身体は二つで一つですから
思うようにパフォーマンスがあがらなくなって
身体の不調から
心も少なからず影響をうけてしまいます。


このような「冷え」を改善するには
ウォーキングで筋肉量を増やすことや
(一日30分くらいが目安だそうです。)
お風呂の湯船にゆったり浸かる
洗髪後は、頭を冷やさないように
ドライヤーで乾かす 
氷の入った冷たい飲み物に気を付ける
など


できることから
はじめられたらいいですよね。


自律神経の乱れによる「冷え」を
感じられている場合は


朝日を浴びながらのお散歩がおすすめです!


朝日を浴びながらのお散歩は
脳内の幸せホルモンといわれている
「セロトニン」の分泌を増やします。
セロトニンが不足すると
やる気の低下や気分の低下など
うつ状態になりやすいので要注意です。


ご自分で体調を整える中で
何か物足りないなと思われたら・・・


ストーンメディスンもおすすめです。
(ホットストーントリートメント)
温められた玄武岩が遠赤外線を発生し
お身体の皮下5センチまでその熱が届きます。


ホットストーンのストロークは
お身体の深部を温め、体液が動きますので
デトックス効果と疲労回復が期待できます。
石の温かさが神経の緊張やお身体のこりをほぐし
深いリラックスを感じることができます。


引き続く感染対策や
過ごしにくい気候・・
ストレスフルな毎日がつづいていますね・・


みなさまにおかれましては
お身体にくれぐれもご自愛ください。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。


佐藤ますみ 拝

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP